2019-06-09

すみれ色の午後

コンサート「すみれ色の午後」無事終了いたしました。超満員のお客様に感謝。春への憧れ、ト調のメヌエット、御身を愛す、アヴェ・マリア、鱒、トロイメライ…etc. クラシック名曲アルバムみたいなプログラムになりました(笑)。タイトルの「すみれ色」は、もちろんヴィオラにかけて。歌詞にすみれが登場する曲を、たくさん演奏しました。


ソプラノの黒田なるみさんは、ドイツ歌曲(リート)の専門家。清潔で美しい歌声に、お客様もひととき雨を忘れて下さったと思います。また、皆様と「野ばら」をドイツ語で歌ってみようコーナーも、おおいに盛り上がりました。黒田さんによるドイツ語発音指導も面白く、皆様口の形を工夫しながら、ウムラウトに挑戦していらっしゃいました。


そして岡さおりさんのヴィオラの深い音と長いフレーズ、さらに女神のような立ち姿に、うっとり! ヴィオラという楽器は、オーケストラや室内楽での「縁の下の力持ち」的な役割を担うので、単独で演奏する機会はなかなかありません。初めてソロを聞いたというお客様も大勢いらっしゃいました。バッハの無伴奏チェロ組曲3番のブーレ、素敵でした!

今回はサプライズ企画で、ソプラノの駒井ゆり子さんが、なんとピアノを弾いてくれました! シューマンの歌曲を2曲。「もう春だ!」と「私のバラ」でした。さすが歌い手さん同士ならではの素晴らしいアンサンブルで、聞いていて涙が出そうになりました。



最後には、日本の歌を皆様と歌って、楽しくお開きとなりました。名曲には、やはり名曲といわれる理由があるんだなあ、とつくづく感じました。また勉強したいと思います!

2019-05-21

ちくわ奏者登場!

マキナ・アンド・カンパニー公演「そよ風と私」無事終わりました! 小泉さんのヴァイオリンは極上の音色で艶やかに響きわたり、コントラバス三好さんの悠々たるソロではお客様が目を大きく見開いておられました!

西田さんはフルート/アルトフルート/ピッコロ/リコーダーと持ち替えた後、アンコールで伝家の宝刀「ちくわ」を演奏! これで楽団史上に残る大盛上がりとなり、お客様の笑い声にあふれて終わりました! 袋から取り出したばかりのちくわから紡ぎ出される、予想外のきれいな音に、皆様驚いていらっしゃいました。

終演後にいただいたご感想を少しご紹介。「すべて耳にした曲ばかりで楽しめました。ピアノをはじめ、ヴァイオリン、フルート、コントラバスの音色が広がり、身体中しびれました。今日も参加して幸せでした。」(K.Sさん/川口市)「タイトル通りそよ風のようなさわやかさでした! ついつい体がリズムに合わせてゆれてしまいます。コントラバスの心地よいビートにいやされました。」(M.Aさん川崎市)「パフォーマンスそのもの! 特に西田さんを”たっぷり”聴けたのが最高。」(H.Kさん/荒川区)「時間あっという間でした。心から楽しと思える会でしたのに、小泉さんのヴァイオリンの美しさには思わず涙がこぼれました。」(T.Hさん/世田谷区)

今回は日本の民謡も交えて、バラエティに富んだ曲目となりました。演奏しながら、楽しくて仕方がないひとときでした。お客様のあたたかい笑顔に感謝!

2019-04-20

高輪区民センターでオペラティックコンサート

港区高輪区民センターさんとの共催でコンサート。ソプラノ宮地江奈さん&バリトン大川博さんが、日本の歌、ミュージカル、オペラアリアなど、たっぷり歌ってくれました。ピアニスト齋藤亜都沙さんも音楽を盛り上げてくれて、入場無料では勿体ない贅沢な会でした。今日は私は司会に立ちましたが、お客様が始終優しい雰囲気でご覧くださり、とても嬉しかったです!

2019-04-18

春の調べと花の歌

マキナ・アンド・カンパニー公演「4月のバラ」無事終了いたしました。今回は「蘇州夜曲」やブラームス「眠りの精」など、ソプラノ駒井さんのしっとりした歌がメイン。「五木の子守歌」では、お客様の涙に舞台側がつられそうに…。ヴァイオリン池澤さん、チェロ山岡さんのソロも素晴らしくて、曲中にお客様から「ほおー!」とお声が上がりました。


前半、駒井さんは黒留袖のリメイクドレス、私は訪問着を着てみました。和服のお客様も数名様いらっしゃり、会場はちょっぴり和テイスト。池澤さんの華麗なヴァイオリンによる「春の海」の途中では、舞台からおめでたいご挨拶を出してみました(写真左上)。

後半は駒井さんの鍵盤ハーモニカが冴えました! 椿姫のタンゴ、エル・チョクロなど。タンゴはやっぱり盛り上がります。演奏する側も、お客様も、体温が一度上がる、という感じがしますね。そして、みんなで「慕情」を歌うコーナーでは、お客様の歌が上手くてびっくり!

私はジェニファー・ジョーンズを意識して(笑)、チャイナ服を着てみました。せっかく着ましたので、アンコールで「夜来香」を歌ってしまいました。みなさま、優しく見守ってくださって大感激でした~。

2019-04-10

六行会ホールさんのリニューアル公演


マキナ・アンド・カンパニー、六行会ホールさんからのお呼ばれ公演、無事終了。満場のお客様に感謝いたします。素晴らしい舞台スタッフさん、表回りさんに支えられて、幸せな時間を過ごしました!

今回はホールのホワイエリニューアル記念公演。新しい門出のお祝いを兼ねて、お誕生日の方に舞台に上がっていただいて、みんなでHappy birthdayを歌いました(笑)。他にも楽しいこと満載。右上の写真は、動物の帽子で「小象の行進」を演奏した後、「いまアフリカの曲やってるのに、なんでクリスマスの動物が来たのー?」と責められて、しょんぼり帰ろうとするトナカイくんの図(笑)。

公演後にお客様からいただいたご感想を少しだけご紹介します。「至福の時間をありがとうございました! 皆さまの素晴らしい演奏や歌唱も勿論ですが実に細やかに練り込まれたプログラムに、毎回感銘を受けます。」(S.Mさん/品川区)「動物の被り物は皆さまお似合いでした。駒井ゆり子さんのトナカイの演技も最高でした。」(J.Mさん/久喜市)「エッグシェイカーを今回は忘れずに持参して、夫婦で盛り上がりました。夫は大きな声で掛け声を出しておりました。思わず横顔を盗み見しました! わが青春は、希望、未来そして恋など、輝いていたっけ。ドキドキを思い起こしてワクワク。」(T.Mさん/取手市)
「“マイウエイ”で涙し、いつものことながら“慕情”で鳥肌が立つほど感激しました。コンサートに行くたびに、1年ぐらい長生きしているような気がします。」(S.Nさん/さいたま市)「しっとりした曲もあればノリのいい曲もあり演出もよかったです。リズムコーナーでは笑ってしまいました。メンバーの方々の素晴らしい演奏と牧菜さんの楽しい進行で幸せな気分になれました。」(N.Tさん/横浜市)

そして、よくお客様からいただくコメントが「お隣の人とお話しました」。これが本当に本当に嬉しいのです。見ず知らずの方と昔話に花が咲いた、初めて参加した方に楽しみ方を伝授した、持参のシェイカーを貸してあげた、お菓子を交換した…etc. お客様の間で、こちらが思いもよらないような交流があったと伺うと、じーんとしてしまいます。つくづくお客様に恵まれているなあと、感謝の気持ちでいっぱいです。

2019-03-03

伝統の美しい講堂で

東京女子大学同窓会さん主催のマキナ・アンド・カンパニー公演、無事終了いたしました。寒い雨の中ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。伝統ある美しい講堂で演奏させていただき、とても嬉しかったです。
ソプラノ・駒井さんが熱唱した「夢やぶれて」はかなり早い段階でお客様の涙を誘っていました。まつむーちょに煽られたお客様の「テキーラ!」のお声はどんどん大きくなり、熱を帯びていました。なお、今日の曲名当てクイズの景品は飴ちゃんでなくて雛あられ。オマケで「うれしいひなまつり」も演奏しました(笑)。

いただいた感想を少しだけご紹介。「皆さんの演奏中の熱気が直接感じられ、とても感動しました。音楽家の方は、体育会系のアスリートでもあることが実感できました。」(Y.Yさん/練馬区)「いつもにも増して私たちを楽しませるための工夫がいろいろなされていて本当に楽しかったです。日常溜まりに溜まったストレスも吹っ飛んでしまいました。音楽のちからってすごいですね。」(S.Nさん/さいたま市)「息のあった演奏で懐かしい名曲を聴かせて頂きありがとうございました。特に駒井さんの声が大講堂に響きわたり感動しました。」(I.Nさん/日野市)

2019-02-14

バレンタインデー2公演

バレンタインデーの朝は母校の小学部で、同級生の備後千春さんと授業内コンサート。お世話になった先生のお姿を見て、元気な子供たちを前にして、幸せな思い出がたくさん蘇りました。備後さんとは、小学生の頃から一緒に歌いピアノを弾き、舞台に立ち、お互いの家でゲームをして遊んだ仲。なつかしい講堂でピアノを弾きながら、長い友情の有難みを感じました。

夕方は日本橋西ロータリークラブさん主催のチャリティコンサート。今まで演奏したことのないナンバーもあり、わくわくしました! 初めてお会いするお客様が、ニコニコ体を揺らして聞いてくださるのが嬉しかったです。ずっといい子にしていた二頭の盲導犬も可愛かったなあ…。

2019-02-04

稲城での公演2回目!

稲城市立iプラザさんから再度お声をかけていただきまして、マキナ・アンド・カンパニーのフル編成で公演してまいりました。お客様が食い入るように聞いてくださるのが有難かったです。今回のソプラノは黒田なるみさん。爽やかな澄んだ声で客席を魅了していました!

いただいたご感想を少しご紹介。「すばらしいバランスのチームだと思う。これからも気取らず、気張らず、このままのチームで素敵な演奏をして。」「久しぶりに若かりし日の映画音楽を聴き、至福の時間を過ごさせていただいた。特にミュージカル音楽は懐かしかった。映画のシーンがよみがえった。」「会場と一体になった演奏や工夫でとても楽しかったです。」

2019-01-28

ベリーダンスと初共演

パーティーで演奏。なんとベリーダンスのチームと共演しました! チームを率いて情熱的な踊りを見せてくれたダンサーのホマさんは、今回10数年ぶりに再会した友人です。学生オペラの舞台裏で出会って以来、学生時代は主催コンサートのステマネを何度もお願いした仲。今日は彼女が踊っている姿がとにかく楽しそうで、嬉しくなって目頭が熱くなってしまいました。またご一緒したいです~!!

2019-01-27

クロマチック・スケール

ご指導に伺っているクロマチック・ハーモニカのグループで、品川区のイベントに参加。楽しく伴奏してきました。会長さんが曲間のMCで「ピアノの鍵盤と同じように全部の音が出ます。ド、ドの#、レ、レの♯、ミ、ファ…」と、クロマチック・スケール(半音階)のことを上手に説明してくださって感動しました。人生の先輩がたと楽しく音楽できるなんて幸せです。

2019-01-26

谷口亜実さんリサイタル

いつもお世話になっているヴァイオリン・谷口亜実さんのリサイタルを主催しました。満席のお客様が、亜実さんの【初リサイタル】の熱演に大きな拍手を送っていました。プログラムはヘンデル、モーツァルト、チャイコ、イザイ、ブラームス、サン=サーンスと、多彩。どれも本当に素晴らしかったです。そして寄り添って弾いていらしたピアノの鳥羽亜矢子さんもとても素敵でした。お二人は学生時代の試験以来の共演だったそうです!

2019-01-20

タッチ、タッチ、ここにタッチ~

少年野球関連のパーティーにお呼ばれして演奏してきました。昨日は「銀河鉄道999」を弾いたので、今日は「タッチ」を弾いてみました。いや、これまた頭に残るメロディですね…。

2019-01-19

タケカワユキヒデさんとご一緒に

懐かしのスクリーンミュージック meets タケカワユキヒデ」公演、無事に終わりました。会場はすごい熱気でした。ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。そして公募合唱団の皆様の歌声、素晴らしかったです。駒井さんの指揮かっこよかった!

前半は、いつものように往年の映画音楽を。ずっとテレビで拝見していたタケカワさんと、舞台で2人で並んでトークするのは不思議な感覚でしたが、「なんだか【ふたりのビッグショー】の収録みたいだな…」と心の中で調子づいてました(笑)。

後半は、ゴダイゴの大ヒット曲「ガンダーラ」や「モンキーマジック」をマキナ・アンド・カンパニーの伴奏でタケカワさんが歌われました。そして公募合唱団の皆さんが「エーデルワイス」「大地讃頌」の2曲を素晴らしい歌声で熱唱。最後は、タケカワさん&合唱団&わが楽団&お客様と「ビューティフルネーム」を歌いました。

私は高校3年生の時に、ゴダイゴのアルバムをずっと聞いていたので、「ハピネス」の前奏や「銀河鉄道999」のグリッサンドを弾けるのが、心底嬉しくてたまりませんでした。それを「ご本人」とご一緒するなんて! やってて良かった、マキナ・アンド・カンパニー(笑)。

いただいたご感想を少しだけご紹介。「コンサートのプログラムはいつも+色々でとても楽しく過ごすことが出来ました。タケカワユキヒデさんの盛り上げ技術は素晴らしいですね。仲間たちも久し振りに大きな声を出したと、帰りの話題が尽きませんでした。」(K.Oさん/西東京市)「映画音楽、とっても良かったです! あの人数で演奏されても聴きやすいし、聴きごたえあるし、構成や雰囲気も様々で、アレンジがとても素敵でした!」(A.Kさん/越谷市)「やはりマキナ・アンド・カンパニー素晴らしかったです。全身の細胞が喜んでいて、美しい音色に身を委ねてリラックスしながら聴かせていただいておりました。今回初めて『大地讃頌』が、戦争などを語っている歌の一部だと知り、衝撃的でした。」(K.Iさん)