2020-08-16

茶の間で気軽にクラシック

8/15、Zoomを使ったオンラインコンサート「私の好きな歌 …が あなたも好きだといいケド?! 第2回」無事開催いたしました! ソプラノ駒井ゆり子さん&ピアノ岩撫智子さんの素晴らしい熱演をお届けしました。 

当日は130人を超えるお客様がZoomで集まってくださって、感激いたしました。画面には久しぶりのお顔がずらり! お家のベッドに横になって参加して下さった方、お体の事情で外に出られない方、海外から参加して下さった方など、普段なかなか繋がることができない方々ともご一緒できて、本当に嬉しかったです。「そうか、こうして音楽をお届けする方法もあるんだ」と気づくことができた、貴重な日となりました。

出演者のMCはリアルタイムで、それぞれの場所から。いつのまにか、いつも舞台で話しているのと同じような感覚になりました(笑)。

今回、ご一緒に練習してZoomデビューして下さった大勢のお客様にも感謝いたします! こうした新しい形のコンサートにも、どんどん挑戦していこうと思います。

2020-02-25

決行!

稲城市立iプラザ主催マキナ・アンド・カンパニー公演・第3回、思い切ってご来場下さった大勢のお客様、全員マスク着用で聞いてくださって、ありがとうございました。そして周到なご準備の上で決行してくださった主催者様に感謝いたします。

リズムの神様・まつむーちょコーナーは、初めてのボディーパーカッションでコール&レスポンス。これがなかなか難しい! お客様と一体になって楽しみました。もっともっとやってみたかったです。

アンコールでは「ウェストサイド物語」の「Somewhere」をソプラノ・駒井さんが熱唱。今この時期に、この祈りの歌を聞くと、ぐっと胸に来るものがあります。お客様のあたたかい拍手が会場にあふれました。


終演後のお見送りでは、メンバー一同マスク&手袋着用。これはまったく初めての経験でした。写真を撮りながら、「いつかこの日のことを、楽しく思い出せますように!」と心の中で強く願いました。

特殊な状況下で開催された公演、私達にとっても特別な体験になりました。お客様とご一緒に音楽を楽しむことができる喜びを、改めて深く噛みしめる時間でした。本当にありがとうございました。

2020-02-06

ただ一度だけ

マキナ・アンド・カンパニー公演「會議は踊る」、満席のお客様に迎えていただき無事に開催いたしました。会場はリニューアルしたばかりのとしま区民センター小ホール。できたて、ぴかぴかです。

内容はウィーンをテーマに、「美しく青きドナウ」などのワルツ、クライスラーのポピュラー編曲、映画音楽 etc…と盛沢山。ウェルナーの「野ばら」はお客様に重唱していただきました。以前からずっとお客様と一緒に歌いたかった「會議は踊る」の主題歌『ただ一度だけ』は、今回思い切って自分で訳詞を作りました。皆様に歌っていただいて、嬉しかったです~!
 
渡欧直前のソプラノ宮地江奈さんには、R.シュトラウスのオペラ『ナクソス島のアリアドネ』のツェルビネッタのアリアも歌っていただきました。私にとっては20年来の憧れの曲。ご一緒できて本当に感激でした(この5か月間、必死でこの曲をさらっていました…)。声の超絶技巧を駆使した大曲に、お客様の拍手が鳴りやみませんでした。

アンコールの「ラデツキー行進曲」は、もちろんウィーンのニューイヤーコンサートばりにお客様に手拍手をしていただきました。私は途中からヴァイオリンを弾いてしまいました(笑)。楽しかった~!

いただいた感想を少しご紹介。「初めて参加しました。おすまししてジッと聞くだけの音楽会かと思いましたが、全員が参加して和やかで、これが本当の【音を楽しむ】音楽だと感心しきりです」(M.Yさん/大田区)「愛の悲しみ、アップテンポでお洒落でとっても素敵だった!」(N.Oさん/横浜市)「アンコールのラデツキー行進曲は興奮しました」(H.Kさん/荒川区)「素晴らしい演奏でした。曲の説明、オペラのストーリーの説明もとてもよくわかり、曲の雰囲気を楽しめました。」(S.Nさん/戸田市)

2020-01-12

ピアノカフェで歌いましょ スタート

「ピアノカフェで歌いましょ♪ vol.1」無事終了。往年の洋画の主題歌を、お客様と楽しく歌いました。今回は「星に願いを」と「ララのテーマ」。気持ちが明るくなる、いい曲ですね。

ゲストは、20年来のお友達であるソプラノ板倉歌奈子さん。名古屋在住の彼女と、やっと東京で一緒にコンサートができて、本当に嬉しかったです。天使のような歌声で、映画音楽からオペラまで歌ってくれました。

トランペットも吹いてくれました~!

次回は3月14日。詳細はこちら。ぜひ遊びにいらしてくださいね。

2019-12-26

シニアレジデンスでクリスマスコンサート

クリスマスの夜は、ヴァイオリンの谷口亜実さんと、練馬方面のシニアレジデンスでコンサート。往年の映画音楽を中心に演奏しました。次の曲目を申し上げるたびに皆様拍手をしてくださり、曲が始まると「懐かしい~!」と声を上げてくださり、ずっとメロディを口ずさんでくださって、本当に嬉しかったです。こんなに喜んでいただける場所があるなんて、本当に有難いなあ…と心があたたかくなりました。

2019-12-15

六本木の教会でコンサート

六本木ルーテル教会さんをお借りして主催したコンサート「Christmas Joy」満場のお客様に感謝! ソプラノ宮地さんのEt incarnatus est(Mozart c-mollミサ)が素晴らしくて、普段クラシックを聞かないというお客様が何人も涙を拭っていらっしゃいました。そしてオルガニスト野田さんのソロに、皆様釘付け! お客様がものすごい集中力で見ていっしゃるのを感じました。休憩時間も終演後もオルガンを覗きに人が集まるほど。私は、中高の後輩であるお2人を大いに自慢しておきながら、うっかりアゴで使ってしまうヒドい先輩でした…(笑)。同じく同窓の切絵アーティスト・タンタンのランプシェードがやさしく光り、皆様と一緒に讃美歌もたくさん歌って、穏やかなクリスマス気分を味わいました。この写真で3人が付けているのは、タンタンのアクセサリーです!

2019-12-01

クリスマスシーズン スタート

北区にある大きなマンションのロビーで、ソプラノ村松織部さん、フルート中村遥さんと演奏。今年初のクリスマスコンサートでした。いよいよハッピーな季節の始まりですね。クリスマスソングを弾いていると、楽しい気持ちでいっぱいになります。
今日はお子さんたちも大勢参加して元気に踊ってくれました。飼い主さんのお膝で静かに聞いてくれたわんちゃんたちも! 

2019-11-27

千代田区役所 昼休みコンサート

今日はマキナ・アンド・カンパニー3人編成で千代田区役所さんにお呼ばれして1時間のコンサート。初めてお目にかかるお客様がほとんどでしたが、あたたかく迎えていただきました。曲名当てクイズコーナーは、千代田区にちなんで帝劇で上演されたミュージカルの名曲にしてみました。全問、作品名と曲名を並べた模範解答が出て、嬉しかったです~!

2019-09-26

ひばりさんがカヴァーした名曲

マキナ・アンド・カンパニーの新杉田公演、満員御礼。今日の曲目は磯子区にちなんで、美空ひばりさんがカヴァーした洋楽ポップス。映画音楽からタンゴ、シャンソン、カンツォーネまで、ジャンルの幅広い名曲揃いで、幕の内弁当みたいでした。
恒例の曲名当てクイズは、ひばりさんの若き日のヒット曲にしてみました。ヴァイオリン小泉さんの「りんご追分」が上手すぎて、出演者一同ニヤニヤ~。私の大好きな「素敵なランデブー」も演奏しました! お客様も楽しそうに歌ってくださいましたが、曲名の正解は出ませんでした(笑)。今日は初めてお会いするお客様がほとんどでしたが、クイズが終わったあたりで、もう長年のお友達みたいな親しい気持ちになりました。

ソプラノ田谷野さんには、ヴァイオリン・池澤さんのやさしいオブリガートと一緒に「虹の彼方に」を歌っていただきました(それも、なかなか聴けないヴァースから!)。お客様の夢見るようなお顔が嬉しかったです。そして、ひばりさんが歌った日本語歌詞で、皆様と「ダニー・ボーイ」を歌いました。


終演後にいただいた感想を少しご紹介。「間近で聴くヴァイオリンの豊かな音量に感動しました。 大体の曲目は聴いて解りましたが、ギターの名曲である『禁じられた遊び』をピアノ・ヴァイオリンでも演奏出来るんだと感心しながら鑑賞しました。」(T.Hさん/横浜市)「久しぶりに心が豊かに、暖かい気分になりました。ランラン気分で帰ります。」(M.Oさん/横浜市) 「身近で素晴らしい音楽を聞けて大変幸せな時間でした。涙の出るほど思い出の多い懐かしい曲ばかりで素敵な時間でした。」(T.Iさん/横浜市)

2019-09-12

はじめての楽典講座~

今日は私達の音楽教室で、ソプラノ・駒井ゆり子先生による講座「はじめての楽典 ワン・ツー・どん!」開催。お昼から日が暮れるまで、皆様にめいっぱいお勉強していただきました~。ト音記号の書き方に始まり、音符、拍子、音程、音階のあたりまで、楽典の教科書の大半を1日でざーっと見てしまおうという大授業。合唱や声楽をやる上で必要な基礎の基礎のところだけでしたが、質問もいっぱい出て嬉しかったです。

2019-08-30

サプライズに涙!

マキナ・アンド・カンパニー公演「ある恋の物語」無事終了いたしました。今日はラテン&ハワイアン。ヴァイオリンの3人は踊るように動いていました! 後半はまつむーちょ祭りで、笑いっぱなし(笑)。振ったり、叩いたり、歌ったり、叫んだり、お客様も大忙しでした。マイシェイカーを両手に、ノリノリの方も多数いらしゃいました。「ヴァイヤ・コン・ディオス」のときには皆様にハンカチを振っていただきました。舞台から見て実に幸せな光景でした。

そして、ヴァオイリン・荒井友美さんの小学校の同級生であり、私の中高の先輩である新原光代さんがフラダンスを踊ってくださいました。右の写真はお客様にも一緒に手を動かしていただいているところ。

アンコールのとき、突如、荒井さん&新原さんの担任の先生が舞台に駆け上がって、素敵なスピーチをしてくださいました。出演者一同びっくり&感動。 最後に光代さんが踊ってくださったアロハ・オエは、色々な想いが交錯して、舞台も客席も涙に溢れました。

お客様のご感想を少しご紹介。「やはりラテンは気分がノリノリで良いですね。」(M.Sさん/さいたま市)「懐かしいラテン音楽や、ハワイアンソングをききながら、一瞬学生時代に戻りました。」(H.Iさん/西東京市)「フラダンスも観られて、楽しく、得した気分! お客さんもステージに上がって楽しむというのも良いですね。より観客席との距離が近くなる気がします。」(M.Aさん/川崎市)「まつむーちょ楽しかった。お手本のコンガを叩く得意げな姿が忘れられません!」(A.Hさん/水戸市)

2019-08-28

企業さんの周年パーティーで演奏

今夜はある企業さんの周年パーティーで演奏。中島みゆきさんの「糸」や、私達世代には懐かしいヒット曲「世界中の誰よりきっと」など、普段演奏しない曲目もあって、楽しかったです。スタイリッシュで格好いい社長さんが自らギターを演奏され、共演させていただきました! 本当に素敵でした~。

2019-08-19

夏休みの特別サイエンスクラス

NPOくらしとバイオプラザ21の佐々義子さんにお願いして、夏休みの特別実験教室を開催。レポートに追われるお子さんも、宿題のない幸せな大人も、一緒にワイワイ過ごしました。

マイクロピペットの練習から、みんな真剣! 口腔細胞を採るためのブクブクうがいの時間も真剣! 2人組で助け合ってエタノールを注ぐ瞬間も真剣! やはり普段やらないことやるって、面白いですよね。百戦錬磨講師である佐々さんの細やかな工夫と心配りに感激しました。

私は前座で「DNAって何?」というお話をさせていただきました。参加してくださった音楽家のお友達のお顔がとても嬉しくて…。私にとっての【サイエンスコミュニケーション】は、音大の学食で声楽科の学生さんたちに訊ねられて「ウィルスと細菌の違い」を説明したのが始まりでした。思えば出逢った人達から、一つ一つ経験をもらっているのですね。感謝!

2019-08-18

B to C(バロックからちくわまで)


港区高輪区民ホールさん主催・弊社共催のコンサート「フルートの涼風」無事終了いたしました。お暑い中大勢のお客様にお出かけ頂き感謝申し上げます。フルート西田紀子さんとピアノ西原侑里さんの【西&西】デュオ、素晴らしい演奏でした。

プログラムはバロック、古典、近代、現代と盛沢山。様々な形でフルートの音色をお楽しみいただきました。そして西原さんのピアノソロ、ドビュッシー「花火」も、とても格好良かったです。最後の曲は、なんとフランクのヴァイオリン・ソナタ! お二人の熱演で名曲の魅力を新たに発見しました。

フルートソロの現代曲の前のMCで、西田さんに特殊奏法について色々伺ってみました。曲の演奏中にお客様が「わかった!」「さっき説明してたアレだ!」というお顔をしてくだって、とても嬉しかったです。

2019-08-17

静岡でモーツァルトとさだまさし

第14回カンタトーレ静岡会発表会へ。学生時代からのお友達・ソプラノ板倉歌奈子さんと、そのお母様の静岡教室発表会です。講師演奏で歌奈子さんが歌うモーツァルトと、ネッラファンタジアのピアノ伴奏をしてきました。八面六臂の活躍をする歌奈子さんの声、伸びやかで素敵でした。 そして彼女のお母様がトリの講師演奏で歌われた「ひまわり」(さだまさし)の伴奏もさせて頂きました。カッコ良いお歌とご一緒できて嬉しかった~! お客様のあふれる涙につられないように頑張りました(笑)

2019-08-04

ちいさな親子コンサート

いつも北区立保育園を回っているメンバーで、小さな親子コンサートを行いました。大人の方も多く参加してくださいましたので、いつもの公演にちょっと曲目をプラス。ソプラノ・村松織部さんの「にじ」もしっとりめ。ノリノリの我が子を見つめる親御さんたちの優しいお顔がうれしいひと時でした。谷口亜実さんのチャールダッシュで、みんながヴァイオリンに釘づけになっているとき、ただならぬ気迫を感じて目を移したら、こちらを凝視している女の子さんが。ピアノが気になったのですね。ぎくっとしましたが(笑)、うれしかったです。

2019-07-19

ムーディーに、色っぽく

マキナ・アンド・カンパニー公演「男と女」無事終了いたしました。ご来場ありがとうございました! 今回のテーマは「色っぽさ」。ムードたっぷりに往年のスタンダードを中心にお届けしました。MistyやNight and Dayなど、10人編成の本番では初めて演奏する曲もあり、名曲をあらためて味わいました。

そして、ベリーダンサーのホマさんにサプライズゲストで登場していただきました~! アンコールでは、ひと昔前ストリップのBGMだったTabooを(加藤茶のちょっとだけよ、の曲)。ミラーボールが回る中、ホマさんがとてもセクシーに踊ってくださいました。

クイズは西部劇特集。すぐに沢山の手が挙がり、全問正解が出ました。「誇り高き男」では、パーカッション荻原さんの口笛が冴えわたりました!

お客様の感想を少しだけご紹介。「フルメンバーでの演奏は息が合っていて素晴らしかったです。ベリーダンスのサプライズも効果万点でした。本当にビックリしました。あっという間の2時間でした。」(M.Nさん/北区)「ヨーロッパ駐在時代を思い出して、思わず目頭が熱くなりました」(Y.Sさん/練馬区)「今回の曲の中で私に最も響いたのは、「悲しき雨音」でしたね。なんだかリチャード・ロジャースとオスカー・ハマーシュタインによるミュージカルの曲を聴いているような世界に誘われました。もともとメロディーは綺麗な曲ですが、それがストリングスによって強調されていましたね。そしてなによりも、西田さんが弾くグロッケンが降り続く雨の情景を実に美しく表現していました。こんなにも素晴らしい演奏に仕上がるなんて、驚きです。」(K.Nさん/町田市)「音楽に包まれている、音楽の真ん中にいるという感覚を初めて味わったと思います。なにもかも楽しめました。」(J.Iさん/川崎市)


2019-07-01

故郷でのコンサート

マキナ・アンド・カンパニー、高輪区民センターさんと共催のコンサート、無事終了いたしました。実はヴァイオリン荒井さん・池澤さんコンビの公演は初めてだったのですが、とても色っぽい音でした! 
今回は楽団のコンサートに初めて足を運んでくださる方が大勢いらっしゃいましたので、有名な名曲をずらりと並べました。ドリスデイ追悼ということで「ケ・セラ・セラ」もお客様とご一緒に歌いました。 「ラブ・ミー・テンダー」のときには、例によってプレスリー登場(笑)。

そして私にとっては初めての生まれ故郷でのコンサート。アンコールの際に「実は光輪閣のそばで生まれ育ちまして…」と言うと、地元のお客様が「えーーっ!」と叫んでくださって、なんだか胸がいっぱいになりました。街の景色は大分変わりましたが、やっぱり親しい土地。本当に嬉しかったです~!

2019-06-09

すみれ色の午後

コンサート「すみれ色の午後」無事終了いたしました。超満員のお客様に感謝。春への憧れ、ト調のメヌエット、御身を愛す、アヴェ・マリア、鱒、トロイメライ…etc. クラシック名曲アルバムみたいなプログラムになりました(笑)。タイトルの「すみれ色」は、もちろんヴィオラにかけて。歌詞にすみれが登場する曲を、たくさん演奏しました。


ソプラノの黒田なるみさんは、ドイツ歌曲(リート)の専門家。清潔で美しい歌声に、お客様もひととき雨を忘れて下さったと思います。また、皆様と「野ばら」をドイツ語で歌ってみようコーナーも、おおいに盛り上がりました。黒田さんによるドイツ語発音指導も面白く、皆様口の形を工夫しながら、ウムラウトに挑戦していらっしゃいました。


そして岡さおりさんのヴィオラの深い音と長いフレーズ、さらに女神のような立ち姿に、うっとり! ヴィオラという楽器は、オーケストラや室内楽での「縁の下の力持ち」的な役割を担うので、単独で演奏する機会はなかなかありません。初めてソロを聞いたというお客様も大勢いらっしゃいました。バッハの無伴奏チェロ組曲3番のブーレ、素敵でした!

今回はサプライズ企画で、ソプラノの駒井ゆり子さんが、なんとピアノを弾いてくれました! シューマンの歌曲を2曲。「もう春だ!」と「私のバラ」でした。さすが歌い手さん同士ならではの素晴らしいアンサンブルで、聞いていて涙が出そうになりました。



最後には、日本の歌を皆様と歌って、楽しくお開きとなりました。名曲には、やはり名曲といわれる理由があるんだなあ、とつくづく感じました。また勉強したいと思います!